fc2ブログ

『蕎麦打ち』やってみました

 本日、蕎麦打ちをやってみました。あくまでも自学なので、昨年度地域で採れた玄蕎麦を使用します。これが成功すれば、もやいの郷の新蕎麦で挑戦しようと思ってます。

 蕎麦挽きから始めたいと思います。もやいの郷では二種類の機械を使用します。最初に蕎麦殻を次の機械でとります。


 今回は、昨年の玄蕎麦約2キロ分(2080g)です。粉になると何キロになりますかね?楽しみです。


 殻とりが終わった時点で計ってみますと1946g有りました。ボールの重さが215gなので、差し引き1731g(この時点で玄蕎麦の83.22%)となりました。

 
 次に、電動石臼で挽きます。




 白い粉になって出てまいります。


 石臼から出てきた粉を確認すると、やや湿気てますね。昨年度産だからでしょうね。


 まだ、殻が少し残ってますので、50目のふるいにかけます。これだけは手作業です。


 という事で、仕上がった蕎麦粉は1895g有りました。ボールの215gを差し引いて1680g(玄蕎麦の80.77%)となりました。自分で言うのも何ですが、上出来です。


 ここからいよいよ蕎麦打ちです。二八で打ってみます。つまり、蕎麦粉500g&つなぎ粉100g&水300ccを準備しました。


 最初は、『水廻し』
 蕎麦粉とつなぎ粉をよく混ぜてから、こね鉢に入れます。そこに水を200cc入れて、かき混ぜます。


 その後、残りの水100ccを入れて更にかき混ぜ、粉っぽさがなくなって団子みたいになってきたら、『練り』の工程に入ります。


 最後の難しい部分は略しまして、ここからはのし板の上での作業となります。
 最初、手で少しのばしましてから


 次は、のし棒でのばしていきます。




 仕上がったら最後の蕎麦切りです。私は素人なので、手打ち麺機を使用しました。


 ということで、何とか出来ました。


 早速、茹でまして


 今年の蕎麦栽培にお世話になった地元の方と、おろし蕎麦にしていただきました


 まだ師匠からのお許しは得られてませんが、少なくとも不味くはなかったようです(ホッ)


 蕎麦打ち体験メニュー:もやいの郷では、蕎麦打ち体験も出来ます。勿論、指導者はプロの方にお願いいたしております。
 1キロ3000円 500g2000円です。(指導料・使用料・税込)

スポンサーサイト



プロフィール

もやいの郷

Author:もやいの郷
ようこそ「もやいの郷・農楽園」ブログへ。
当施設は、越前市の食文化・地域文化体験交流施設です。
市外の方々のご利用も歓迎いたします。
利用に当たっては事前申込みが必要です。
管理人にお問合せください。

-------------------------------
【お問い合わせ先】
もやいの郷・農楽園

〒915-0203
福井県越前市横住町17-29
TEL,FAX 0778-42-3838
-------------------------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR